スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はやぶさ カプセル回収へ 豪の「聖地」に着地(毎日新聞)

 【ウーメラ(オーストラリア南部)永山悦子】宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、地球へ帰還した小惑星探査機「はやぶさ」が切り離したカプセルの回収作業を始めた。小惑星イトカワの岩石が入っていると期待されるカプセルは14日夕方までに回収され、厳重な梱包(こんぽう)作業を経て、18日にも日本に到着する予定だ。

【輝きながら地球に帰還するはやぶさの連続写真。本体は消失…】

 JAXAは14日午前、回収に向けた最初の作業として、豪先住民アボリジニの人々への説明を豪空軍に依頼、着地点への立ち入りなど回収作業への了解を求めた。着地点周辺がアボリジニの「聖地」にあたるためだ。

 また、JAXAは同日、カプセル発見時の航空写真を公開した。13日深夜、豪空軍のヘリコプターから撮影した。低草が点々と生える赤茶けた砂漠の上に、耐熱構造のカバーが外れたカプセルが着地し、金属特有の光沢を放っている。カプセルは直径30センチ、高さ15センチ、重さ6キロ。傍らにはパラシュートがあり、予定通りに開いて着地した様子が分かる。着地点は、最終的に風で少し流されたものの、はやぶさの軌道などから事前に予測していた着地想定地域のほぼ中央だったという。一方、落下途中ではずれた耐熱カバーは引き続き捜索している。

 14日午後には、研究者ら8人がヘリで現地へ向かい、カプセルの状況を確認したうえで回収する。現地のカプセル回収責任者、西田信一郎・JAXA研究開発室長は「カプセルの回収は予定通りに順調に進みそうだ。あとは耐熱カバーの発見を目指したい」と話した。

【関連ニュース】
【打ち上げられる前のカプセルの写真】
【探査機「はやぶさ」の打ち上げから帰還までを写真で振り返る】 
質問なるほドリ:「はやぶさ」はどんな旅をしてきたの?=回答者・はやぶさ君

北教組幹部に有罪=民主・小林氏陣営への違法献金―札幌地裁(時事通信)
敏いとう、菅内閣頼りない(スポーツ報知)
ワールドカップ出場国をモチーフにしたスニーカー――ルコック(Business Media 誠)
国民の信頼回復にまい進=菅内閣、初閣議で基本方針(時事通信)
樺美智子さん 安保反対デモ死から50年 「真相解明を」(毎日新聞)
スポンサーサイト

迎賓館迫撃弾事件、差し戻し審で中核派3人実刑(読売新聞)

 1986年の東京サミットの歓迎式典会場だった迎賓館(東京都港区)などに向けて迫撃弾が発射された事件に関与したとして、爆発物取締罰則違反に問われた中核派メンバーの須賀武敏(65)、十亀(そがめ)弘史(66)、板垣宏(66)の3被告の差し戻し審判決が2日、東京地裁であった。

 林正彦裁判長は「迫撃弾の開発、製造に関与した」と述べ、須賀被告に懲役11年(求刑・懲役15年)、他の2被告に懲役8年(求刑・同13年)を言い渡した。3被告は控訴した。

 裁判では、事件後に3被告が住んでいた借家から押収された信管などに関するメモの評価が争点となり、2004年3月の1審判決は「事件後に作成された可能性が否定できない」として3被告を無罪としたが、06年5月の2審判決は迫撃弾の開発、製造に関与したことを示す証拠だとして1審判決を破棄し、審理を同地裁に差し戻していた。

 この日の判決は、メモについて「3被告が任務遂行の過程で作成したもの」と認定し、「綿密に準備された組織的犯行で、悪質極まりない」と結論づけた。

「退陣は私の不徳のいたすところ」官房長官、総辞職に反省の弁(産経新聞)
面接は受験生の地元…山形大、試験官が全国へ(読売新聞)
ソユーズが地球周回軌道を離脱、大気圏再突入へ (産経新聞)
自民・大島幹事長が「衆院解散を」 首相辞任で(産経新聞)
杉並区長選へ藤岡氏“転戦” 無所属で出馬 参院選創新党候補(産経新聞)
プロフィール

ミスターまさひろたさか

Author:ミスターまさひろたさか
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。